ホームへ
戻る



           
      

さくらさくら/日本古謡
皆さんご覧になったことはありますか?
交野で一番早く咲く桜は、私が知る限り市役所別館右の小公園内、「枝垂桜」が早いと思われますが、
        
群生する桜どころに何本位有るのか数えてみました!

妙見の観桜約400本、妙見川原約70本、関電附近約40本、交野C.C入口約60本、
交野高校南川堤約40本、免除川幾野約100本、免除川長宝寺約270本、京阪郡津
駅約170本、水道局約40本、私市松宝寺約80本、創価桜源郷約50本、私部北川
堤約40本、群生する所の合計約1,400本。点在する桜や個人所有を含めると約3,
000本位あるのでは?皆さんのご意見はいかがですか!


見の人たちで、屋台も出るほどの賑わいである。
され、今は二世の桜が見事なまでの花をつけるまでに大きくなっている。春になると、近郊から花
の両岸にあり、古くは万葉集にも詠われている。明治42年(1909)400本の桜の木が移植
交野八景の一つ<妙見の観桜>は大変に有名で、小松神社(星田妙見宮)の参道沿い、妙見川
もある”桜の名所“と”天の川”は歌枕にもなっている。
このようなことから「交野」が文学に数多く残ることとなったのでしょう。また、藤原俊成の歌で
天皇の遊猟がある度に、その下の皇族や宮廷人達も続々と交野が原に来たのである。
天皇が広く山野を駆けて満開の桜を楽しみながら鳥獣をされ、交野への行幸は多岐に及んでいる。
特に春には桜狩りを楽しまれたこの歌は、交野の名が出てくる歌の中で、最も有名なもので、桓武
桓武天皇が延暦2年(783)に行幸して鷹狩りをされて以来、平安貴族たちに遊猟地として愛され、


  ※ 藤原俊成 平安・鎌倉期の歌人「千載和歌集」の編者
またや見ん 交野の御野の桜狩 花の雪散る 春のあけぼの

など、あげればキリないくらいですが、郷土交野も昔から桜どころとして胸を張っていい!
近畿圏の桜の名所は数多くあるが、吉野の千本桜、大阪城4000本の桜、造幣局多品種の観桜








※ 写真をクリックして下さい
交野市役所の枝垂桜
免除川
免除川
免除川
免除川
私市山手
私市松宝寺
私市松宝寺
私市松宝寺
桜源郷(創価学園裏)
桜源郷(創価学園裏)
いきいきランド
いきいきランド
関 電
関 電
交野高校
交野高校
妙見の観桜
妙見の観桜
妙見の観桜
郡津駅車窓より
郡津駅
郡津駅
倉治図書館
大阪市大植物園
大阪市大植物園
大阪市大植物園(楊貴妃)
大阪市大植物園(緑色の桜)


ホームへ
戻る
、交野のさくら大画面
inserted by FC2 system